05/09/19 尾道、しまなみドライブ


晴れのち曇りという天気予報を信じて瀬戸大橋を渡る、広島へ入るころには雨、しかも時折強く降ってくれる(^^ゞ あー、高い橋代払って来てるのに、家で大人しくしておくんだったと少し後悔しながら、尾道市内へ。

 いろいろ行きたい場所があるけれど、とりあえず千光寺へ。尾道市内の山道を10分ほどで駐車場に着く、この天候でも20台くらいクルマが止まっていた。雨の千光寺公園を千光寺へと歩く、霧でかすんで眺望もあまり良くない。対岸の向島の造船所と思われる場所に大和のセットが見える。千光寺を参拝しそそくさ帰る(笑) 気を取り直して、尾道ラーメンの「東珍康」へ行く。新尾道駅の近くの国道沿いで分りやすい場所にあった。事前にラーメン関係のwebサイトでリサーチし、湧き水を使ったスープが旨いとの事。まあ、ラーメンの味に疎い私にとってはよほどマズイくない限りは旨いのであった(爆) 私はチャーシューメンを食べた、スープはコクがあるがひつこくなくあっさりしていて、大変美味しかった。

 尾道バイパスー尾道大橋(¥150)で向島へ、向島には広島エフエム放送の送信所があり、20年前のその昔、私が中学生のころ8エレの八木アンテナをこの向島へセットし、エアチェック(エフエム放送をテープにダビングする事)をよくしたものだ。当時は四国に民放エフエム局などはなくHNKFMのみ、東のFM大阪か西の広島FM放送しかなかった。話をもどし、尾道大橋を渡り向島へ入る。橋を渡り終えるぐらいから渋滞が始まって、ずーっと先まで渋滞してる模様だったのでナビの画面をみながら、抜け道を探し日立造船向島工場へ到着。海沿いのドックにセットを組み立ており、そこまで約500mの間をバスで輸送していた。歩いて行っても10分もかからない距離なのに?セットはコンパネ(12mmベニア)で外壁を作っており、高射砲などはレプリカになっていた。やはり一部とはいえ原寸大の大和は大変な迫力で圧巻された。地球博の冷凍マンモス(見たことないじゃん)よりいいんじゃないかと思った??食堂の2Fに展示室があり、撮影の模様を映してるのが大変面白かった。

 向島から、大三島の「がんばっていきまっしょい」のロケ地へ、南へ下がるほど天候が回復して晴れ間もでるようになる。このドラマは水曜日の22時からCX系列で9月14日まで放送されていました。鈴木杏が主演で女子ボート部を描く青春ドラマです。私もちらちら見てましたが、あらすじは殆ど理解していません(^^ゞ 大三島の台海岸に約3000万円をかけて、女子ボート部の艇庫を建てています。台風で一部壊れていますが、保存する予定だとか。

 本日の収穫***しまなみ海道にて銀トラ、白トラ

 

 千光寺

尾道に行くなら、ここは外せませんよね。小雨まじりで、眺めは悪かったです。クルマは有料Pありで¥500、またロープウェイもあり、往復¥440(小人は半額)
千光寺 尾道大橋と新尾道大橋を望む

 尾道ラーメン「東珍康」

尾道ラーメンもいろいろあるのですが、ネットで調べてみると「東珍康」がいいみたいなので、行ってみました。尾道の湧き水をスープで使用しているとの事。玄関にはその水が入ってるポリタンクが並べられていました。美味しかったです!
11時から営業ですが、フライングしちゃいました。 でも、すぐに店内は満員になる チャーシュウメン ラーメン(並)

 「男たちの大和」ロケセット見学

2006年03月31日まで公開しています。なにせ、ほとんどコンパネ(ベニヤ)なので、それまでもつかどうか耐久性に難ありです(笑)
かなり渋滞してました 前から、こんな感じです 主砲、迫力ありました 高射砲??
軽鉄間仕切りの手法ですね 食堂、御土産物屋あり プラモデルも販売してる

 CX系で放送されていた「がんばっていきまっしょい」大三島ロケ現場見学
悦ネェになったつもり?? 張りぼての残骸の裏 トラヴィックでいきまっしょい!
TOP